水道水によって肌が赤くなる管理栄養士の水の専門的サイトです。
浄水器

あなたの家の水、大丈夫?赤ちゃんや犬猫にも安心して使える浄水器

肌荒れしてませんか?

肌荒れの原因の1つ、水。

「そんなばかな…」と思われる方、あなたの体は約7割水で構成されているんですよ。水とは切ってもきれない縁。

食事もお肌のお手入れも大切。でもそれと同じくらい水を大切にする必要があります。大人以上に皮膚が弱い赤ちゃんやわんちゃん、ねこちゃんはダメージを受けやすい…

日本の水質基準は世界でも上位に入りますが、フランスやアメリカと比較するとそこまで基準が高いわけではありません。意識の高いあなたは、浄水器の設置を考えていることでしょう。

でも浄水器は種類が豊富すぎて何がいいのかわからない方が多いのではないでしょうか?その悩みをこの記事では解決することができますよ。

本ページでは「水のクオリティをあげたい方向け、浄水器の選び方」と「一軒家わんちゃん、ねこちゃんがいらっしゃる方におすすめしたい浄水器」をご紹介していきますね。

家の水環境が浄水器1本できれいに

浄水器は蛇口に直接取り付けるものだけではありません。

【高性能浄水整水装置ソリューヴ】のように元栓直結タイプの浄水器もあります。

元栓直結の浄水器だから、家全体に浄水された水が行き届きます。

「家全体に行き届かせるほどの浄水器ならサイズが大きくて邪魔になりそう…」

ソリューヴは一升瓶程度の大きさ

サイズの心配をされている方もご安心ください。【高性能浄水整水装置ソリューヴ】は一升瓶程度のサイズで済むのでコンパクトに設置することが可能です。

 

 

選んではいけない浄水器/選びたい浄水器

「何を基準にして浄水器を選んだらいいの?」

という方はおおいのではないでしょうか?一般的に考えると大手の有名なクリンスイトレビーノの浄水器を選ぶ方が多いかと思います。大手の浄水器は国の基準にそったものが多いです。

しかし、世界水準レベルを求めていらっしゃる方もいるはず。ここでは水のクオリティをあげたい方に向けて「選び方」をご紹介していきたいと思います。

水のクオリティをあげたい方以外は以下の記事をご覧にならないよう、お願いいたします。

フィルターは何を使用しているか

浄水器は何のフィルターを使用しているかで水の質が変わってきます。

  • 活性炭(繊維状活性炭と細粒ヤシガラ活性炭)
  • 逆浸透膜

活性炭(繊維状活性炭と細粒ヤシガラ活性炭)や逆浸透膜を使用している浄水器は必須。

発ガン性の可能性があるトリハロメタンを除去できるのか

上記でご紹介した活性炭(繊維状活性炭と細粒ヤシガラ活性炭)や逆浸透膜が発ガン性物質であるトリハロメタンなどの化学物質を除去してくれます。

トリハロメタンとは発ガン性物質です。このトリハロメタンは塩素と水中に含まれている有機物によって生成されます。

トリハロメタン=塩素+原水中の有機物

※塩素がなぜここで登場してくるのかは次でご紹介しますね。

トリハロメタンが発ガン性物質以外にも以下のことが生じる危険性があるとも言われています。

  • 中枢機能低下
  • 肝臓障害
  • 催奇形性
  • 痴呆
  • イライラ
  • 疲労
  • 無気力
  • 流産の危険性があがる(平成10年、米カリフォルニア州健康局の調査結果より毎日トリハロメタン入りの水道水を飲むと流産率が15%アップするという公表がある)

上記はトリハロメタンを大量摂取した場合です。

トリハロメタンの危険性がどういったものかここで賢いみなさまには伝わったかと思います。しかし日本のトリハロメタンの水質基準は0.1mg/L以下に設定されています。国の基準で『安全な水道水』という決まった範囲内には抑えられています。

それでも「水のクオリティをあげたい!」最高品質をお求めの場合は浄水器の中でも活性炭(繊維状活性炭と細粒ヤシガラ活性炭)や逆浸透膜を使用しているものがおすすめです。

<クオリティの高い水を求めている方の浄水器の選び方>

皮膚の乾燥だと考えられている残留塩素を除去できるのか

感染症を抑えるために水道水に塩素(次亜塩素酸ナトリウム)を使用しています。

家庭で蛇口をひねれば水道水がでてくる…そんな水道水に菌が繁殖し感染症が蔓延すれば国の一大事になる恐れがありますよね。

だからこそ水道水には塩素消毒がされています。しかし、この塩素、国の基準内ではありますが水道水に残っていて私たちの口に入っていっているのも事実。

この残留塩素、体にどんな影響があるのでしょうか?

  • 水がおいしくない(カルキ臭)
  • 肌の乾燥によるトラブル
  • 髪にダメージ

体に影響はありますが、日本の基準内に抑えられています。

それでも「水のクオリティをあげたい!」と最高の品質をお求めの場合は浄水器の中でも活性炭(繊維状活性炭と細粒ヤシガラ活性炭)や逆浸透膜を使用しているものがおすすめです。

逆浸透膜でも吸着は可能ですが、塩素の吸着は活性炭の方が相性が良いです。

神経伝達を狂わす可能性がある農薬は除去できるのか

農薬は野菜だけでなく水道水にも含まれています。

農薬によって神経を狂わす可能性があると言われています。しかし、水道水に含まれている農薬の量も日本国内では基準内。

世界最高水準のフランスの基準に当てはめていく高級思考の方は、農薬をできるだけ0に近い状態にしていきたいと思いますよね。

クリスタルヴァレーは世界最高水準の逆浸透膜を使用しています。また、フランスでは逆浸透膜を使用している方が主流です。

まとめ

成人した大人よりも赤ちゃんやわんちゃん、ねこちゃんは敏感。デリケートだからこそより良い水質を求めていきたいですよね。

日本は世界でも水道水が飲める数少ない国の1つで世界水準の高い水道水ですが、上には上がいます。フランスやアメリカでは日本よりも基準値が非常に高いというのが現状です。

アトピーなど日本国内では皮膚病が増加しているのも事実。赤ちゃんやわんちゃん、猫ちゃんはデリケート。だからこそ質の高い水を安心して飲んでいきたい。

そんな上質な水道水は浄水器が叶えてくれるでしょう。浄水器の中でも活性炭や逆浸透膜を使用しているものが制度が高く、水質が良いものになっています。

お値段はしますが、【高性能浄水整水装置ソリューヴ】クリスタルヴァレー(世界最高水準の逆浸透膜を使用してる)ものを取り入れることで水のクオリティはあがっていき、日々の生活が楽しくなりますよ。